ダイビングポイント紹介

ホーム < ダイビングポイント紹介

那覇オーシャンダイバーズオススメのダイビングポイントをご紹介!

ダイビングイメージ5

ケラマ諸島(ボートエントリー)
大きく3つの有人島・無数の無人島から構成される、魅惑の島の集まりをケラマ諸島と呼びます。
都会から離れているだけあって、海はキレイ…近年の温暖化現象もあって、さすがにサンゴが沢山とは言い切れませんが。
普段、ダイバーが入水しない、水域や、潮の流れが常にある水域だと、3メートルを越える、テーブルサンコ゛も健在。
世界中で5本の指に数えられる程有名なエリアです。ただし、外洋に浮かんだ小さな諸島ですから、低気圧の
影響も受けやすく常に荒れた海と思って頂いた方が無難ですから、船酔いの激しい方については、船酔い止めが必需品です。
シーズン中、大型回遊魚(マグロ・マンタ)などが見られる事もあります。

 

ダイビングイメージ7

恩納村方面(ボート&ビーチエントリー)
青の洞窟で有名な真栄田岬や、日本で唯一クマノミが全種類見れる山田ポイント。
水深5m~25mまでの縦穴がる万座ドリームホールなど見所は沢山。
慶良間程のサンゴはありませんが、地形派の方にはオススメ。
どのポイントも半日で戻ってこれるポイントです。

 

ダイビングイメージ8

本島近海トロピカルポイント(沈没船ボートエントリー)
港からたったの10分程度で慶良間顔負けのサンゴ礁が見れるポイントです。
ソフトコーラルはもちろん、ハードコーラルもギッシリです。又、沈没船ポイントは上級者であれば中に入る事も可能です。
当店以外にこのポイントを使っているショップはほとんどないので、贅沢にポイントを貸し切れます。
小さめの熱帯魚がメインですが、カメやサメ、エイなどの目撃情報も多数有。
意外性を秘めたポイントです。
慶良間などに潜り飽きた方や、船酔いが心配な方にオススメ。

 

ダイビングイメージ1

砂辺エリア(ビーチエントリー)
ソフトコーラルがお花畑の様に群がるポイントです。
米軍が近いので外国人ダイバーも沢山いて、異国情緒あふれるエリアです。
グルクン(沖縄県魚)の群れの捕食シーンは圧巻です。
講習はこのポイントをメインに使います。

 

ダイビングイメージ2

奥武島(ビーチエントリー)
本島から車で行ける離島です。
車で1周5分程度の小さな島で、これぞ沖縄って雰囲気が漂います。
水中はというと…。微妙です…。
基本的には海が荒れた時の最終手段で使うポイントです。
ある意味めったに行かないポイントなので、レア度は高いです。
  • ワーキングスタディ
  • 到着後午後からでももぐれまっせ
  • 格安レンタカー10%OFF
メールでのお問い合わせ
ご予約はこちら
ページのトップへ