2日で取得可能な初めての方向けライセンス講習

ホーム < 2日で取得可能な初めての方向けライセンス講習

1時間目:2日で取得可能な初めての方向けライセンス講習

初めまして、那覇オーシャンダイバーズの荒木です。2日で取得可能な初めての方向けライセンス講習の1時間目についてお伝えいたします。1時間目として何が良いか悩みましたが、まず、一番初めのスキューバダイビングライセンスであるオープンウォーターの講習で1番始めにやることから書いていきます。人命に関わることなので、真面目に書かなくてはいけませんが、しっかり読んでいただけば、安全にダイビングをしていただけます。ダイビングはどなたでも楽しく遊べるスポーツですのでご安心ください。

さて、1時間目は、水面の顔つけです。え?と思われるかもしれませんが、いきなり水中でとなると初心者の方は、パニクられる場合がありますので、、、まずは足の届くところでの呼吸の練習から行います。両足で立ったままお風呂の顔つけのように下を向いて水の中での呼吸の感覚に慣れていただきます。

P5290060

当たり前の話ですが、普段陸上で生活している私たちには水中で呼吸できる器官がありません。陸上で生きていくための造りになっています。その為、水中の世界を楽しむためにはそれを補う機器が必要です。ダイビングで使用するレギュレーターとタンクがそれにあたります。器材の詳しい構造については、また別の時間でお話していきたいと思います。

水中でくわえて呼吸をしていくものがレギュレーターになりますが、このレギュレーターは〝口〟でくわえます。そりゃそうでしょ?だからなに?と思いますよね?口でくわえる、つまり水中では常に口呼吸になるのです。鼻呼吸はできなくなるのです。普段はほとんどの方が無意識で鼻呼吸をしています。ですので、マスクをつけて鼻が使えなくなると苦しいと感じる方もいます。無意識で普段やっていることを意識的に変えるというのはなかなか難しいかもしれません。ですから、まずはここから始めていくのです。

ダイビング中の呼吸で大事なのは、深呼吸のようなゆっくりとした呼吸です。慣れない口呼吸・呼吸器を介してのの呼吸、不安・緊張、などにより呼吸が速くなってしまうことがあります。初めてなのでこれは仕方がありません。「私向いてないかも!」「無理、無理、無理^^」と顔をつけてすぐにおっしゃられる方がいますが、大丈夫です。慣れていないだけですので少し練習するとできるようになります。ダイビングだけではなく、慣れていないものは初めは何でも上手くいかないものです。なので、すぐに顔を上げずに、慣れるまでしばらく呼吸の練習をしていきます。

コツはしっかりと息を吐くことです。吐く量よりも吸う量が多くなってしまうと、肺はそのうちパンパンになります。呼吸ができない、苦しいという方のほとんどは吸いすぎて肺がパンパンの状態です。ゆっくりと長く吐くことを意識して呼吸をしてみてください。

あと念頭に置いておいていただきたいのが、陸上とは全く別の世界だということです。あらゆることが陸上とは変わります。呼吸の感覚ももちろん違います。いつもみたいに呼吸ができない、いつもより呼吸がしづらい、これは当たり前です。これが当たり前なんだと理解しておくのが一番のコツかもしれません。頭では色んなことを考えすぎずに、リラックスしてやってみましょう。

 


  • ワーキングスタディ
  • 到着後午後からでももぐれまっせ
メールでのお問い合わせ
ご予約はこちら
ページのトップへ